bizconeロゴ

バズって売れる!TikTokの使い方ガイド

株式会社A

媒体資料ダウンロード

資料概要

「TIkTok売れ」が社会現象になるほど、今熱視線を浴びる「TikTok」。

弊社は「バズる」だけでなく「バズって売れる」勝ちパターンを施策に活用し企業様にお力添えをしています!
今回の資料では「TikTok施策の成功事例」や「バズって売れるノウハウ」をTikTok初心者でも分かりやすいように解説しています。

===

■高い再生回数を獲得■
弊社が運用する1000人未満のTikTokアカウントにて、正しいターゲティング選定により、
再生回数は4,000→が87万回再生と大幅にアップ!

■TikTokで採用戦略■
高いエンゲージメントを獲得している社内インフルエンサーにてTikTokにて求人募集をしたところ、
求人アクセス数2,644アクセス、求人応募数138件とCVR 5.21%の高い実績を残しております。

===

■こんな方におすすめ!
・ TikTokを活用した施策の成功事例が知りたい方
・ TikTokでプロモーションを考えている方
・自社でTikTok運用やプロモーションを考えている方

■目次

1 TikTokとは?
2 なぜTikTokを活用する企業が増えているのか?
3 TikTok売れとは?
4 TiKTok売れとはどうゆう要素で出来ているの?
5 TikTok売れを作り出すポイント
6 日本上陸!TikToker分析ツールA streamについて
7 バズるために必要な○○
8 TiKTok施策の弊社成功事例

======

■A stream独自機能ピックアップ■

非アクティブフォロワー
→インフルエンサーのフォロワー買いを検出し、”なんちゃってインフルエンサー”の起用を避けることで予算の無駄遣いを防止

フォロワー外いいね
→フォロワー外からの興味関心を数値化することで、より実態に近い拡散力が可能

ハッシュタグ検索
→ハッシュタグ内で高い興味関心を引いているインフルエンサー(アカウント)を抽出可能
 競合ハッシュタグにおいて人気のあるインフルエンサーを起用することで、自社ファンへの誘導が可能

キーアカウント調査
→投稿を見せたいターゲットとなるアカウントを複数ピックアップすることで、
  そのターゲット内で重複してフォローされているインフルエンサーを抽出。
起用することでターゲットへの狙い撃ちが可能。

地域検索
→AIによる検索で、インフルエンサーが抱えているフォロワーがどの地域を拠点としているかパーセンテージで把握することが可能
地域特化型のPR施策に有効的
======

PR施策への活用方法などお悩みに応じてサポートする体制も完備。
ご検討の際には、お気軽にご相談くださいませ。

媒体資料ダウンロード